記事一覧
72時間を超えてしまったときにもアフターピルは効くのか

妊娠を望まないシチュエーションで、コンドームがずれるなどの避妊に失敗した場合に、妊娠を予防する趣旨で服用するのがアイピルなどのアフターピルになります。低容量ピルが生理周期にあわせて日ごろから継続服用するのに比較すると、アフターピルはあくまで緊急事態に備えて1回の服用で妊娠を防ぐのが特徴です。特に黄体...

2020年01月09日
避妊効果の高い「ロエッテ」は低用量ピルとアフターピルのハイブリッド?

ピルの服用は開発当初以来、太りやすくなったり大人ニキビが増えるなどの副作用をいかに抑えながら確実に避妊効果を発揮するかの問題を巡って、各社が新薬の開発に取組んできました。ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両者が含まれており、生理周期にあわせて継続的に服用することで女性ホルモンの血中濃度を上げること...

2019年12月21日
アフターピルと低用量ピルの違いを分かりやすく解説します

避妊目的でピルを使用する場合には、低用量ピルとアフターピルの二種類があります。ヨーロッパやアメリカではピルを活用した避妊法が普及していますが、日本ではまだまだ利用者の方は少ないのが現状です。このようにピルがあまり身近でない状況のなかにあって、ピルには2種類あると聞いても、当惑を覚える方も多いのではな...

2019年12月05日
アフターピルは公費援助が受けられる!仕組みや援助金の受け方を解説!

アフターピルは避妊に失敗した場合だけでなく、レイプ被害に代表される性暴力犯罪の結果意図しない妊娠の可能性が想定される場面でも使用適応になっています。アフターピルの処方は病院の婦人科などの医療機関を受診し、処方箋の交付を受けて全額自己負担で購入することが原則です。しかしながらレイプなどといった性暴力と...

2019年11月21日